オデッセイのグレード選び

[オデッセイの値引き]について、きちんと考えていますか?

 

オデッセイはハイブリッドが登場して以来値引きが渋くなっています。きちんとした交渉スキルがないと、一律数万円の値引きで完了してしまう可能性があります。

 

30万円程度の値引きを獲得するためには、ちゃんとオデッセイならではの交渉術を知っておく必要があります。
↓のサイトで詳しく説明しているので、ぜひご覧ください。

 

⇒ オデッセイの値引き情報

オデッセイはグレードがたくさんあり、どれがいいかわからない…なんてドライバーも多いと思います。

 

ハイブリッドもいいけど、ガソリンも捨てがたい
オデッセイはグレードが多すぎて何がなんだかわからない
一番安いグレードはダメなの?

 

こんな風に考えていろいろ悩んでいる人もいるでしょう。

 

当サイトはオデッセイのグレードについて比較検討し、おすすめグレードを紹介しますので、ご一読くだされば幸いです。

 

 

 

はじめに、オデッセイのグレード一覧を見ていきましょう。

 

グレード名 燃費 エコカー減税(取得税/重量税) 価格
ハイブリッド 26.0km/リットル 100%/100% 356万円~364万円
ハイブリッドアドバンスドパッケージ 26.0km/リットル 100%/100% 394万円~402万円
ハイブリッド・EXパッケージ 26.0km/リットル 100%/100% 399万円
ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング 24.4~25.2km/リットル 100%/100% 378万円~386万円
ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング アドバンスドパッケージ 24.4~25.2km/リットル 100%/100% 397万円~405万円
ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング EXパッケージ 24.4km/リットル 100%/100% 400万円
G 12.8~13.4km/リットル 40%/25% 276万円~301万円
G・EX ホンダセンシング 12.8~13.4km/リットル 40%/25% 338万円~352万円
アブソルート 13.0~14.0km/リットル 40%/25% 298万円~323万円
アブソルート・X ホンダセンシング 13.0~14.0km/リットル 40%/25% 320万円~343万円
アブソルート・X ホンダセンシング アドバンスドパッケージ 13.0~13.6km/リットル 40%/25% 339万円~362万円
アブソルート・X ホンダセンシング EXパッケージ 13.0~13.6km/リットル 40%/25% 345万円~356万円

 

オデッセイのグレード名に「ハイブリッド」と記載されているのがハイブリッドのグレード、それ以外がガソリンエンジンのグレードとなっています。オデッセイの車体価格350万円がパワーユニットを分けるラインとなっているので、パワーユニット選びのポイントはこのラインの予算(350万円)を準備できるかどうかになります。

 

オデッセイのグレードの違い


それでは、オデッセイのグレードで格差がある部分を説明します。

 

オデッセイのアブソルートとは?

 

オデッセイはかなりグレードが多いほうですが、よくよく見ると何も書いていないグレードと「アブソルート」の2種類に分かれていることがわかると思います。なので、まずはアブソルートにするかどうかを決めるとグレード選びがぐっと楽になります。

 

通常のグレードとアブソルートの違いは以下の通りです。

 

運転機能の追加
アブソルートには7速マニュアルモードが追加され、サスペンションもより高級なものに交換されます。

 

キャプテンシート
シートが7人乗りのキャプテンシートに変更され、ロングスライド可能になります。

 

アブソルートにすると、車体価格が10万円程度アップします。上記の機能が10万円に値するかどうかで、選択するとよいでしょう。実際、全体の80%のドライバーがアブソルートを選んでいるので、迷ったら付けておく、といった考え方で問題ありません。

 

ホンダセンシングについて

 

次に、ホンダセンシングについてです。グレード名の一部に「ホンダセンシング」とついているグレードについては、以下の機能が付いています。

 

ホンダセンシング
オデッセイのフロントに設置されたフロントカメラとミリ波レーダーによって、前方の自動車や人などの障害物を検知し、減速や停止を行う機能です。

こちらも差額は10万円程度となります。現在は安全性能が重視される風潮があり、オデッセイを中古車として販売するときに売却額に差がつくおそれがあるので、できれば付けておいたほうがいい機能と言えるでしょう。

 

各種パッケージについて

 

オデッセイには、「アドバンスドパッケージ」と「EXパッケージ」の2種類があります。それぞれのパッケージに付随する装備・機能は以下の通りです。

 

アドバンスドパッケージ

  1. Honda インターナビ
  2. マルチビューカメラシステム
  3. Hondaスマートパーキングアシストシステム

 

EXパッケージ
(アドバンスドパッケージの追加装備に加えて)

  1. LEDアクティブコーナリングライト
  2. ブラインドスポットインフォメーション
  3. トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー
  4. 100V AC電源
  5. 運転席大型アームレスト
  6. センターコンソールボックス

 

アドバンスドパッケージの差額:20万円程度
EXパッケージの差額:5万円程度

 

差額の割に追加される装備が多いので、ほとんどのドライバーはEXパッケージを選んでいます。予算に限りがある場合を除いては、EXパッケージを選択するのが無難です。

 

オデッセイのベストグレードは?


以上の価格や装備面を考慮すると、オデッセイでおすすめのグレードは

 

ハイブリッド → ハイブリッドアブソリート・ホンダセンシング EXパッケージ
ガソリンエンジン → アブソルート・X ホンダセンシング EXパッケージ

 

となります。ノーマルグレードよりも50万円程度高くはなりますが、ホンダセンシングや各種パッケージの追加装備など、もろもろの装備が50万円で付くと考えるとお得度は高いといえるでしょう。

 

オデッセイを安く買うには!

 

オデッセイの欲しいグレードが決まったら、次は「どうやって安く買うか」ということを考えましょう。

 

ここでは、オデッセイを可能な限り安く購入する方法をご紹介します。

 

オデッセイ限界コストカット術01

オデッセイだけでなく、新車はほとんどの場合ディーラーの営業マンと商談をすることでディーラー値引きが可能です。

 

ただ、ディーラー値引きには特殊な交渉テクニックが必要となってきます。特にオデッセイは値引きが渋いので、素人だと一律数万円の値引きで済まされることも多いです。

 

オデッセイはホンダの自動車なので、ホンダ同士の競合が有効など、さまざまな独自テクニックがあります。

 

具体的な交渉テクニックについては、↓のサイトで詳細解説しているので、一度ご覧ください。

 

⇒ オデッセイの値引き情報

 

オデッセイ限界コストカット術02

オデッセイの値引き交渉に自信がない場合は、未使用車を購入するというのも手です。

 

未使用車は数キロ走行していて扱いとしては中古車になりますが、新車も完成時の最終テストで数キロ走るので、車体の状況としては同じとなります。

 

また、未使用車は新車と同じく3年間のメーカー保証を受けることができます。ディーラーに持ち込んで手続きするだけなのでかんたんです。

 

したがって、未使用車と新車の間に、異なるところはほとんどないのです。

 

未使用車は定価よりも50万円程度安いことがザラにあるので、ディーラー値引きよりもずっと安く買うことができます。もし交渉に自信がないなら、未使用車を安く買うのも手なのです。

 

未使用車を探すなら、「ズバット車販売」が便利です。

 

 

↑が使用例となります。備考欄に「未使用車希望」などの各種希望を書いておけば、希望に合ったオデッセイを見つけることができます。

 

「ズバット車販売」の公式サイトはこちら
http://www.zba.jp/car-hanbai/

 

表に出てこない「非公開車両」も豊富にあるので、条件にあった未使用車が見つかる可能性が高いです。

 

愛車の売却も忘れずに

 

オデッセイを買うことに頭がいって、どうしても忘れがちなのが「愛車の売却」です。多くの人はディーラーにそのまま下取りに出してしまうようですが、下取りは相場よりもずっと安く、最悪の場合数十万円からの大損をしてしまうことがあります。

 

ネットの一括査定を利用すれば、たくさんの中古車買取業者から一括査定を受けることができ、オークションのような状態になって査定額が高騰していきます。なので、下取りに出してしまうまえに、ネットで査定をして愛車の買取相場を調べておくことは必須です。

 

↓1番人気がある一括査定は「かんたん車査定ガイド」です。
http://a-satei.com/

 

1分程度で査定完了するので、一度調べておきましょう。

 

↓その場ですぐに買取相場がわかります。

 

 

下取りより数十万円高くなることがよくあるので、1回は査定をしておいたほうがいいでしょう。